年齢 性別 住まい 修理歴
22歳 男性 富山県高岡市 無し
メーカー 車種 年式 走行距離
 ダイハツ  アトレー 1999年 10万キロ
査定した店:査定額 売却した店:売却額
アップル:31万円 アップル:31万円
車を高く売るためにやったこと
 特にありませんが、需要にマッチして高く売れました

富山県から東京に配属になりアトレーが不要に

大学を卒業したのち、就職した会社の研修で生産工場のある富山県に半年間住むことが決まりました。その際、大阪の実家で利用していたアトレーも一緒に引っ越しをしました。

半年間の研修を終えた後、配属が決まったのはなんと東京支部。大阪、富山では車は確かに重宝しましたが、東京に住むとなると話は別。会社から社宅は用意してもらいましたが、駐車場は自分でなんとかするようにとのお達し。

手を尽くしましたが、社宅から徒歩30分で月2万円超の条件の悪い駐車場しか見つからず、父に相談した結果、愛車のアトレーとは富山にて別れを告げることを決めました。

アトレーを売る場所を探す

車を処分するというのは初めての体験。何も知らないままとりあえず近くにあったアップルへ相談にいきました。売るつもりのアトレーに乗っていったため、アップルの方に現物を確認してもらうことができました。

正直なところ、心の中では「本当に売れるのかな。値段が付けば御の字ってところだろうな」と思っていました。というのも私が免許を取ったのは大学1年生のとき。そのときに父から譲り受けたアトレーは数えれば5年の付き合い。父が乗っていた期間も含めると、おそらく10年を超える乗車期間です。走行距離も10万km近くで、ボディもお世辞にはきれいとはいえません。

大きな傷こそないものの、細かな傷は少なからずありました。オイル交換もろくにしてこなかったので、エンジン周りは素人が見てもひどいものだったと思います。けれども、アップルの方の第一声は意外なものでした。「今すぐにでも買取りたい」

雪国では需要が高い?アトレーをアップルに売却する

アップルの方は指折りながら、教えてくれました。「軽自動車+4WD+ターボ、この条件が揃う車は、雪国で需要が高いんです」

以外にも買取る理由は、車種や年式、状態ではなく、4WD切り替えが付いていたこと、それにターボ車であったことでした。

なるほど、確かに雪道では頼もしいのでしょう。私が富山にいたのは春から夏の間でしたので、そういう恩恵を感じたことは無かったのですが、地域によって車のニーズというものは変わるものだと教えられました。

アップルとその場で契約を交わし、東京へ転居するまでの間は代車を用意してもらいました。買取り価格は31万円。おかげで転居後の家財を充実させることができました。「東京ではこんな値段は出せませんよ」とアップルの方は言っていました。

東京に引っ越してみて

想定通り、東京での移動はもっぱら電車。車が必要だと感じる機会はほとんどありません。車は地域によって需要が違い、価値も変わるということを実感した貴重な経験でした。

 

コメント

準備中

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる