「今外車に乗ってるけど、国産車への買い替えを検討している」という方は多くいらっしゃるかと思います。買い替えというと、ディーラーの下取りが一般的ですよね。

外車から国産車への買い替えで疑問に思うのが、「下取りしてもらえるのか?」というところだと思います。実際は、国産車ディーラーでも外車は下取り可能ですが、高く売れることはまずありません。

ここでは、その理由と対処方法をお伝えいたします。

国産車ディーラーで外車・輸入車が高く売れない理由

国産車ディーラーでは外車や輸入車が高く売れず、損をする可能性が高いです。大きな理由が2つあります。

  • 需要が少なく売りにくい
  • 相場変動が大きい

1つめは、何といってもニーズが無い点に尽きます。国内で走っている車は、国産軽自動車が40%、外車は10%です。この数字を見ただけでも「外車は売りにくい」ということが分かります。

2つめは、外車の買取相場です。外車・輸入車は相場の変動が激しく、新車で購入して半年で半額以下の価値になることも珍しくありません。下取り時の価格をすぐに下回るリスクがあるので、下取り価格を安くしてリスク回避するディーラーが大半です。

国産車ディーラーにとって、売りにくく、すぐに安くなる危険のある外車は高く下取ることが難しいのです。

外車・輸入車を下取り以外で高く売る方法

外車から国産車へ買い替える場合は下取り額がかなり安くなってしまいます。こうした場合は、ガリバーやラビットなどの車買取業者を利用します。

輸入車や外車を高く売却する方法は、下取りではなく買取りを選ぶ!

買取業者の場合、ディーラーと違いメーカーの縛りがないので、外車・輸入車だからという理由で買取りが安くなることはありません。外車の買取りに強い業者などは、海外など高く転売できる独自ルートを持っている場合もあります。

基本的に、外車が得意な買取業者の方が、そうでない買取業者よりも高く買取りしてくれます。

買取業者は数が多いため、常に競争にさらされています。買取 = 仕入れですから、相場より安く査定しても、買取を断られたら商売になりません。そのため、競合他社より1台でも多く買取ろうと努力します。

外車を買取業者に売るなら、一括査定を利用すると外車の得意な業者を簡単に見つけることができます。積極的に利用してみましょう。

外車から外車への買い替えは、外車ディーラーの下取りを利用するという方法もありますが、売却と購入は分けておこない、売却は買取業者を利用するという方も多いです。

損をしないために、ディーラーの下取り額だけでなく、買取業者でいくらで売れるか確認しておきたいですね。

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる