車を買い替える時、今乗っているメーカから他社メーカーへ乗り換えることになったら「ディーラーはメーカ違いで下取りできるのか」と気になりますよね。

ここでは、ディーラーが他社メーカーでも下取り可能か、また、それは損にならないのか?という視点でご説明します。

メーカー違いは下取り価格・買取価格が安くなる

車を買い替える場合、ディーラーの下取りを利用する方は多くいらっしゃいます。この時、他社メーカーに乗り換えるケースはよくありますが、そのまま下取りに出してしまうと損する可能性が高くなります。

同メーカー間の乗り換えなら問題ありませんが、他社メーカーや、輸入車・外車から国産の車への乗り換えを考えている方は下取り額が大幅に安くなる可能性があります。例えばホンダ車から日産車や、BMWやトヨタへ乗り換えるような場合です。

ディーラーは自社の車であれば高値下取りも多くありますが、他社メーカーの車の下取りは、下取り後の販売ノウハウが少なく、また競合他社製品という理由から中古車相場を下回る価格で下取りされるのが一般的です。

他社メーカの車を下取りに出すのは損!

例えばトヨタの車をトヨタ系列のディーラーで売れば、80万円の値が付いたとしても、ホンダや日産、ダイハツなど、他社ディーラーでは、査定で60万円や70万円と言われることも珍しくありません。

一括査定で高く売ろう

輸入車や外車、他社メーカーの車から乗り換えをするのであれば、一括査定で業者に買い取ってもらうのがよいでしょう。中古車の買取業者の場合、メーカーに関わらず、市場の相場に合わせて買い取ってくれます。

ディーラーのようにメーカー違いを気にする必要もなく、人気車種で状態がいい車なら、相場以上の価格で売却できることもあります。

「少しでも高く売りたい」と考えている方は、一括査定で自分の車がどのくらい値段がつくか確認してみてはいかがでしょうか。査定する際は、書類を用意する必要はありません。

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる