個人売買をおこなう際に最も注意しなければいけないのが「トラブル」です。少しでも高く売れる、安く買えるという理由で利用される方は多いのですが、安易な気持ちで話を進めると痛い目にあいます。

個人売買で車を売るにあたり何を注意しておけばいいのか事前に確認しておきましょう。

個人売買のトラブルを避けるには

個人売買ではトラブルが尽きません。特に個人売買が初めての方の場合、何らかのトラブルになってしまうことは珍しくありません。例えば名義変更や代金受け取り、引き渡しを巡ってなど、何らかの問題に発展するケースが非常に多くあります。

このようなトラブルを避けるには、必ず契約書を作成することが重要です。口約束では認識の違いからトラブルに発展する可能性がありますので、合意事項を文章で残しておきましょう。また、個人売買をする前に必要書類を準備しておくことも大切です。

車を売ったら名義変更をしなくてはいけませんが、書類が揃っておらず手続きができないことが原因のトラブルが多くなっています。売った後に返品されるなど、大きな問題に発展しかねませんので、絶対に漏れがないよう最後まで確認を怠らないようにしましょう。

個人売買を行う上で、はじめにやらなければいけないのが必要書類を揃えることです。必要書類は思いのほか多く、揃えるのはなかなか面倒なのですがここを疎かにするとうまくいきません。

個人売買で車を売る時の必要書類・準備

一番良いのは利用しないこと

契約書を交わして必要書類を準備しても、トラブルを100%避けられる訳ではありません。絶対にトラブルになりたくない、問題を起こしたくないという方は、個人売買を利用しないのが一番です。安全に車を売却したいと考えている場合、利用は控えておくべきでしょう。

車の売却方法は他にもあります。一括査定や買取業者の利用です。個人売買に見られるようなトラブルはありませんし、買取業者は多くありそれぞれ買取価格が異なるため、高値で売れる可能性もあります。

特に初心者の方は、むやみに個人売買で愛車を手放すよりも、買取業者に売却したほうがよい結果になります。個人売買のトラブルを避けるには利用しないことが一番です。

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる