車の査定を受ける方法は、「持ち込み」と「出張」の2通りがあります。それぞれ、メリット・デメリットがあり、どちらが良いとは言えませんが、少しでも車を高く売りたい方はチェックしておきたいところです。

店舗持ち込みのメリット・デメリット

持ち込み査定は、直接中古車の買取店へと愛車を持ち込み査定してもらう方法です。近所に買取店がある方もいると思いますが、距離によっては気軽に利用できるのがメリットになります。

書類が揃っていれば即日売却も可能で、活用次第では時間がかからないことも魅力です。

ただし、1店舗ずつ持ち込んで査定してもらうため、非常に手間がかかります。比較したい方にとっては時間の無駄が大きく、無駄足に終わる可能性も無いとは言えません。

近隣にライバル店が無い場合、買取価格の交渉も難しく、業者の言い値以上の価格で売のはなかなか難しいのが現状です。

出張査定のメリット・デメリット

出張査定は、直接自宅や車の保管場所(駐車場など)へ査定士が来て査定を行う方法です。持ち込み査定のように、出向く必要がないのがメリットと言えます。

予約を入れておけば、自分の都合が良い日時に業者の査定士が来てくれます。そのため、時間を有効活用できるのが一番のメリットではないでしょうか。お店まで行くのが面倒な方には特におすすめですね。

しかし、車の売却に時間がかかってしまうことがネックになります。じっくり検討したい方なら問題ありませんが、持ち込み査定と違って査定士が来るのを待たないといけないため、予約の状況によっては、予定が狂う可能性もあります。

また、1店舗ずつ査定の予約が必要な点は持ち込み査定と同じです。何件も別々に出張査定を申し込んでいると、売却までに相当時間がかかってしまいます。

出張査定なら無料一括査定がおすすめ

出張査定は一括査定を利用することで手間と時間を大きく省けます。一度に多数の業者へ査定を申し込めるので、1件ずつ予約する必要はありません。査定費用は基本的に無料です。

また、業者間で競争が起こるのも一括査定の特徴です。必然的に他社がライバルとなりますので、持ち込み査定と比べて高額査定になる傾向があります。

車の売却に手間や時間をかけたくはないですよね。一括査定は無料ですし、他社の査定結果と比較しやすいのが魅力です。出張査定を利用するなら、一括査定がおすすめです。

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる