車を廃車にする機会ってあまりないですよね。実際に手続きしようと思っても「何を準備すればいいのか分からない!」という方は多いと思います。また、普通車と軽自動車では廃車手順が異なります。

ここでは、「普通車の廃車に必要な書類」をご紹介します。書類の準備が終わったら、普通乗用車の廃車手続き手順・方法に進みます。

軽自動車の廃車に必要な書類は、軽自動車の廃車手続きに必要な書類をご覧ください。

一時抹消登録に必要な書類

長期間車を使わない場合に利用するのが、一時抹消登録です。長期出張が決まったなどの理由で利用される方が多いです。普通自動車の一時抹消をする際には、車検証、実印と印鑑証明、ナンバープレートに加え、一時抹消登録の申請書が必要になります。

  • 車検証
  • 実印
  • 印鑑証明
  • ナンバープレート
  • 一時抹消登録申請書

車検は切れていても問題ありません。自動車税の還付を受ける場合は別途手続きが必要です。一時抹消登録を利用すると、その期間中は税金を払わなくて済みますが、放置している間にモデルチェンジした車がリリースされて車の価値が下がるなどのリスクもあります。

私は、1年間一時抹消登録を利用しましたが、車検の際にエンジン修理やタイヤ交換が必要になり、散々な目にあいました…。車は定期的に動かさないと劣化してしまうと痛感しました。

永久抹消登録に必要な書類

永久抹消登録は車を完全に処分する手続きで、多くの方がイメージする、いわゆる「廃車」です。必要書類が非常に多いのですが、一つでも欠けてしまうと手続きが進められません。確実に揃えておきましょう。

自分で廃車手続きをする場合

  • 車検証
  • リサイクル券
  • ナンバープレート
  • 実印
  • 印鑑証明
  • 解体証明書
  • 自動車重量税還付申請書
  • 永久抹消登録申請書

自分で手続きを行う方は、車検証、リサイクル券、ナンバープレート、実印、印鑑証明、解体証明書、自動車重量税還付申請書、永久抹消登録申請書を準備しましょう。

業者にお願いして廃車にしてもらう場合

  • 車検証
  • 委任状
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 自動車重量税還付申請書
  • 印鑑

業者へ依頼する場合は、車検証、委任状、リサイクル券、譲渡証明書、自動車重量税還付申請書、印鑑が必要です。

委任状や譲渡証明書、自動車重量税還付申請書は、業者が用意してくれることもありますので、車検証や印鑑、リサイクル券のみを準備すると良いでしょう。ただし、対応は業者により分かれるため、念のため確認されることをおすすめします。

解体届出の必要書類

解体届出とは、一時抹消登録後に車を解体したい場合の手続きを指します。「一時抹消登録したけど永久抹消登録 して完全に廃車にするよ」という場合に利用します。必要な書類は、自動車リサイクル券、解体申請書、自動車検査証返納証明書、一時抹消登録申請書と自動車 重量税還付証明書です。

  • 自動車リサイクル券
  • 解体申請書
  • 自動車検査証返納証明書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車重量税還付証明書

自動車検査証返納証明書は、一抹消登録をした際に発行される書類になります。もし紛失してしまった方は運輸支局へ相談してみましょう。

廃車ではなく売却できないか検討しよう

こう見ると、手続きによって必要な書類が全然違いますよね。混乱してしまう方、迷ってしまう方も少なくはないと思います。また、書類を準備した後は運輸支局まで行き、手続きを済ませなければいけません。

永久抹消なら業者に依頼できますが、手数料が掛かってしまいます。廃車費用はどうしても無料という訳にはいきません。

多くの方は、「廃車って、めちゃくちゃメンドクサイ」と思うはずです。私も同じ気持です…。

こうした場合、「廃車ではなく売却できないか?」を検討してみてください。どんな車でも鉄や修理用パーツとしての価値がありますので買取ってくれる業者はあります。

廃車費用が1万円かかる車でも、もしかすると5万円程度で売れるかもしれません。ディーラーでは無理でも一括査定を使って複数の買取業者に査定してもらえば買取可能な店舗が見つかるはずです。

車を高く売るなら一括査定がおすすめ

check

車を高く売りたい方は、「かんたん車査定ガイド」の一括査定がおすすめです。一度に最大10社の車買取業者から査定してもらうことができます。

車を売るときは、ディーラー下取りよりも買取りの方が高く売れることがほとんどです。

私がタントを査定したときは、一番高い業者と安い業者の差額が18万7,300円になり、査定サービスの中で一番の高値がつきました。ローンが残っている車、車検切れの車、廃車予定の車でも査定してもらえます。

査定額に納得できなければ売らなくてもOK。無料で利用でき、申し込みは1分でおわります。

yajirushi かんたん車査定ガイドで無料一括査定してみる